16話 ノアーるキャラインタビュー セージ編
08'05/08

祝『ノアーる wiz 恋の魔法』発売記念、第1弾! ノアーるキャラ、インタビュー。今回のお客様は……主人公の朝緒聖示さんでーす。(パチパチパチ……)

は、初めまして……。インタビューだなんて、何だか徹○の部屋みたいですね。
あはは……気のせいですよ〜。
おい、ちょっと待て! なんでこいつは俺と同じ格好をしているんだ? 使い回しかYO!?
そ、それは立ち絵のない主人公の宿命かと……。
まあまあ、それなら少し変えてみましょうよ。はい、お色直しお色直し……。
(パッ!)……こ、これでどうですか?

おお!
おお!……じゃない。なにも変わってねー!
色が……違いますよねぇ?
そうよ、冬也と同キャラ色違いの2P仕様じゃない。あはは――。
まったくなんだそりゃ、適当過ぎるな。……で、こいつは誰だっけ?
だから、『ノアーる』の朝緒聖示です!
ふうん、セージくんね。名前だけ聞くとかっこいいわよね。
な、夏美ちゃん……! ゲーム中でも言われてることを、わざわざここで言わなくたって……(ひそひそ)
うう、分かってますよ。どうせ名前負けしてるって言ってるんでしょう!(いじいじ)
こらっ、男がそのくらいでいじけるな!女々しいのは顔だけにしてよね。
……。(どよ〜ん) ←部屋の隅っこで体育座り中。
おい夏美、追撃がきついぞ。あいつ完全に落ち込んでるじゃないか……責任とって連れ戻してこいよ。
え〜、何で私がそんなことしなくちゃいけないのよ〜。
夏美ちゃんがひどいこと言うからじゃない。ほら早く。
うぅ〜っ。わかったわよ……! ね、ねぇセージくん、おいしいお菓子とおもちゃがあるからあっちへ戻りましょう? ね?
ううっ……わ、わかりましたよ。でもおもちゃはいりませんから。(席へと戻る)
それでは気を取り直して。ようやく『ノアーる』が発売されたわけですが、主人公をやってみていかがでしたか? 感想などをお聞かせ下さい。
……そうですね。楽しかったり辛かったり、たくさんありましたが『ノアーる』という作品を通して自分自身が大きく成長できたんじゃないかと――。
成長……ねぇ。ストーカー行為に更に磨きがかかったとかそういうことかしら。
ぼ、僕はストーカーなんかじゃないっ!
何だ、キミはストーカーしてたのかね?
ちっ、違いますよ、人聞き悪い!ただ僕は影から梨々ちゃんの応援を……。
隠れてコソコソのぞき見してたのは事実でしょ。
そんな日々を過ごしていたセージくんのところに、魔女っコのノイエさんがやってきて、物語が始まるわけですよね。
ちょ! 今のを「そんな日々」のくくりで一まとめにされるのは……。
なるほどね。で、キミはあの巨乳魔女と巨乳アイドルのどっちが好きなのさ?
巨乳って……まだお前は根に持ってるのか。
ま、待ってください! どうしてそういう質問になるんです!?
ほら、冬也もお姉ちゃんも聞きたそうな目をしてるわよ。
じぃ〜〜〜
じぃ〜〜〜(わくわく)
うっ……。
ほらほらっ、早く答えちゃいなさいよ! どっちのヒロインがいいのか、みんなが知りたがってるの!!
そ、そんな……ネタバレなこと……言えるわけないじゃないかっ!! うわーんっ!(泣きダッシュ)
あ、こら、待ちなさい!……はぁ。いきなりコノハナch名物の泣きダッシュをするなんて……あいつデキるわね。まっ、答えは本編ゲームのお楽しみということでいいのかしら。
ひでぇインタビューだったな。
こ、こんな感じで、このコーナー続くのかちょっと不安になってきましたが……。さて次回はヒロインの冠野梨々さんがお客様の予定です。また次回もお楽しみに!?
つづく。
.
▲戻る